カテゴリー「PTA」の183件の記事

2015年8月30日 (日)

中学校のペンキ塗りに参加

8月最後の日曜日、子どもが通う中学校では毎年PTAによる校舎のペンキ塗りがあります。

私はPTA会長をしてたとき以来、4年ぶりに参加することに。

教頭先生は変わってしまったけど、幸い、校長先生と事務の先生は変わってなかったのでやりやすかった。

今年は、校舎中央にある1階から3階までの階段部分の壁と手すりを塗る。
15083001

2度塗りしてもペンキは2缶+αしか使わなかったので塗る面積自体は少なかったんですが、手すりの細かいところまで塗ったので時間は例年通り掛かってしまう。

やっぱりペンキを塗ると明るくなりますな。

| | コメント (0)

2015年2月26日 (木)

人権教育推進委員ようやく任期満了

2005年に小学校のPTA会長をしてから10年、ようやく人権教育推進委員協議会(通称:人権協)の任期が終わろうとしています。

ウチの市では、PTAの運営委員をすると、ジャパネットの格安パソコンにもれなく付いてくる2年縛りのWi-Fiルーターのように、ほぼ自動的に任期10年の人権教育推進委員になってしまいます。

しかも、委員になった1年目は平日の日中に全3回の研修への参加が義務付けられるので、人権教育の推進、啓蒙活動をしている人権協に対してマッチポンプの疑念を抱いたことも。

とはいうものの、委員の任命プロセスに難があっただけで日頃の活動は大変すばらしく、成果もあげられているようです。

しかし、PTAから人権協の委員になった人の大半は、PTAの役を終えたら年に何回か配られる新聞を「いつまでこれ来るんやろ?」と思いつつ受け取るだけで他に何もすることはなく、ただ委員の在籍人数のカウントのために存在することに。

そもそもこんなプロセスで任命された面々に自発的な活動を期待する方が間違いというもので、四次元ポケットのないドラえもんと同じく役には立ちません。
(もちろん精力的に活動されている方もいらっしゃいます)

任期の10年が経つと自動的にお役御免になると思いきや、先日、人権協から往復はがきが来て、これからも委員をするかどうかを問われました。
Jinknk01
そして厚かましいことに、辞退する旨を返事しなかったら自動的に任期が10年継続されるという。

ケータイ会社の2年縛りはまだしも、何もしないとはいえ10年間縛られるのは嫌なので、「だが断る!」と言いながら辞退に丸をする。
Jinknk02

在任中のみなさん、お先に失礼しまっす!

| | コメント (0)

2013年5月26日 (日)

小学校の授業参観&PTA総会

今日は次男坊の小学校の参観日。

授業は、この前広島へ修学旅行に行った時の感想の発表。

広島なのでもちろんテーマは原爆について。

一人一人教室の前に立って、写真も交えながら2~3分のプレゼン発表。

もちろん台本はなく、セリフは全部暗記。

でも、いざ前に立ってしゃべりだすと、緊張のせいで頭の中が真っ白になってセリフを忘れてしまったり、それでも必死で話をまとめて発表する姿は、なんとも奥ゆかしい。


授業のあとは、体育館でPTA総会。
13052601

2005年に小学校のPTA会長をやってから、中学校のPTA会長をしてる時以外は毎年ここで議長をしてたような。

そのおかげで、年1回の定例の総会とはいえスムーズに進めるノウハウを得て、荒れそうな規約改正の臨時総会でもそれなりにコントロールして進められるようにもなった。

そして、今年の総会はっていうと・・・

お呼びがかからず!

別に構わないんですけど、なんだか寂しいような気も(笑)

となると、今年の議長が気になるところですが、なんとこれが去年のPTA会長。

え、去年の活動報告と決算報告を受けなアカン立場やのに、議長してええの?!

周りを伺うと特に異議を唱える人はいなかったので、そのまま進行。

でも、なんだかお手盛感があるなぁ。

ちなみに、体育館でマイクで話すときは、普段話すようなしゃべり方だとぼそぼそっとした感じになってしまい、ちゃんと聞こえない。

滑舌を意識して、少し大げさに抑揚を付けゆっくりしゃべるぐらいでちょうどいい。

議案は全て可決して、無事終了。

総会のあと、輪番で今年の連Pの役員に当たってしまった会長さんにごあいさつと、連絡事項を伝える。

ま、これでこの先PTA行事でマイクをにぎってしゃべる機会もないかな。

| | コメント (0)

2013年4月21日 (日)

最後のPTA役員としての仕事

新年度になり半月が過ぎましたが、先日、平成25年度の第1回PTA連合協議会の役員会がありました。
13041701

毎年1回目の役員会では、連P会長をはじめ、各役員の役割や対外役員を決めるという重たい議題が待っている。

例年通り、新旧の連P役員が向かい合わせに座って会議が始まる。
13041702
これでお役御免になる前年度の役員はウキウキ、今年度の役員はどんよりとした雰囲気の中進められるのは毎年のこと。

この光景、何回見てきたことか!

前年度の役員から順番に自己紹介をしますが、自分の名前を言うのを忘れるくらいに浮き足立って、「名前言うてや!」のツッコミがある度に笑いがあったり。

私の自己紹介では、

旧のみなさんは今こうやってワロてますが、去年の今ごろなんて、今の新のみなさんと同じようにどんよりしてたんですよ。

とにかく訳ワカランまま1年間過ぎるでしょうが、今年は2人残って引っぱってくれるでしょうから、ガンバってください。


と、言うておきました。

その後、PTA連合協議会の内容と、前年度からの引き継ぎ事項の説明をして、これにて前年度のメンバーの仕事は全て終了し部屋を出る。

前年度会長だけを残して。。。

というのは、連P会長をすると次の年は顧問として残り、新年度の運営が円滑に行くようアドバイスをすることになっている。

出しなに、今年度の役員の中にウチの子どもの小学校の会長さんがいてるんですが(記事)(記事)、訳ワカランまま決められる対外役員の中で仕事がなくてオススメのものをメモして渡しておくことに。

部屋を出た我々は、近くの飲み屋で先に打ち上げ。

その後、前会長も合流したので今年の会長決めの様子を聞いてみたところ、去年よりかなり早く決まったらしい。

中学校の会長4人でじゃんけんで決めたんだとか。

去年はコイントスで決めたのにね!


しかも去年は対外役員は決まらず、第2回役員会まで持ち越したけど、今年は全部決まったらしい。

なにはともあれ、みなさん一年間お疲れ様!


私もこれにて連P顧問の役職も終わり、今後も役員をするつもりはないので、これにてPTA役員も終了。

子どもが通う中学校では、一度役員をすると永久免除権がもらえ私もすでに持ってるので、今後はこの権利を使うつもり。

ま、一般会員として協力はしますけどね。

平成17年に小学校の会長、平成22、23年に中学校の会長、平成24年に残り福?の連P顧問をやりましたが、4年のうち3年間を連P役員、うち1年は連P会長をして、連P役員ではなかった年も研究大会で講演発表したりで、振り返ってみるとヒラの会長?をした年はなかったな。

仕事だけでは決してつながることのない色々な仕事をされてる方々と知り合いになれて、また、男の仕事の世界では決して思い付くことのないママさん達、主婦目線での考え方やご意見などにも触れることが出来て、視野がものすごく広がり物事を思慮深く考えられるようになり、これをまた仕事で生かせるようになった。

特に連P会長では何百人を前にしゃべる機会も多く、その度に度胸も付いた感じ。

この経験は今後の人生において、ものすごく役に立つと思う。

これから、この経験を生かして、キャリアを積みたいと思います。

| | コメント (0)

2013年2月21日 (木)

健全育成会の新聞のボツ原稿

先日、ウチの校区の健全育成会から、年度末に出す新聞の原稿を300~400字ぐらいで書いてくれと頼まれてしまいました。

ま、私にとっては、原稿書くにしろ人前でしゃべるにしても、日本語でOK!というだけで特に断る理由はないので引き受けることに。

300字というのは原稿用紙1枚より少ないので結構難しかったりするんですが、一応、内容が違う原稿を2つ書いてみた。

「原稿2つ書いたで~(^^)/」

と出したところ、原稿2つも要らん!と言われ、内容を見て選んでもらった結果、1つはボツに。

このままパソコンから消してしまうのも何なんで、駄文ではありますがボツ原稿をここでアップしてから消すことにします。

 私は毎朝、自転車で通勤していますが、その道中、いろいろな人を見かけます。
 学校の前では、子どもたちを迎える先生や警備員さん、安全見守り隊のみなさん、事情があって毎朝お子さんの通学に付き添っている保護者の方、はたまた通園バスが去ったあとの井戸端会議。
 みんな名前も知らない人ばかりですが、毎朝、同じ時間に同じ場所で見かけるもの同士、最初は目が合えばたどたどしく軽く会釈する程度だったものが、そのうち「おはようございます」と、声を出してあいさつを交わすようになる。
 あいさつは、知っている人同士だけのものではなく、ただ「誰だか知らないけど毎朝見かけるから」という理由だけで自然と生まれるもんなんだなぁ、と思うと、朝から清々しい気持ちになるもんですね。

この新聞、校区の全戸に配布されるらしいので、あまりイチビった表現はせず、置きにいきました(笑)

採用された方の原稿は実際に新聞が配布されるまで、アップは控えます。

| | コメント (0)

2013年2月10日 (日)

PTA連合協議会の研究大会

昨日、PTA連合協議会の研究大会がありました。
13020901

会場は毎年、市内の文化ホール。
13020902
一昨年は発表者として、去年は主催者として参加してましたが、今年は1スタッフ。

ただ、顧問という肩書きがあるので開会式の時に舞台に座っていなければならないのですが、別にあいさつはしなくてもよく、ただ座っていればいいので、なんとも楽チン。


と、思ってたんですが・・・


連P役員と一日の流れについて確認&打合せのあと、受付のテーブルに来場者へ渡す資料が3種類あるのに気付く。

聞いてみたら、来場者の受付後、来場者自らこの3種類の資料を取ってもらうことになってるらしい。

そんなことしたら混乱するから、
資料を1つにまとめて受付の人が渡すようにせなアカンで!


急遽、3種類の資料を1つにまとめる作業を開始。

手の空いてる役員さんにも手伝ってもらいながら、大きい冊子に他の資料を挟みこむ。

ざっと500部ありましたが、手分けして作業したおかげでそれほど時間は掛からずに完了。


その後、来賓としてご足労いただいた市長や教育長をお迎えし、ごあいさつ。

市長からは、

あ、おそくじさん、ご無沙汰ですなぁ

と声を掛けていただき、昨年末に就任したばかりの教育長も

とうとう教育長になってなってしまいましたわ!

実は新教育長とは以前から顔見知りでして、一緒に杯も交わしたこともあるので、

ずいぶん偉くなりはりましたな~

と、関西風に就任のご祝辞。


ところが・・・


研究大会の事務担当に

そーいえば、来賓用のお茶は?


と聞いたところ、

用意してません。

と、ひょうひょうと言う。


OH、なんてこったい ┐(´。`)┌


給湯室に湯呑と茶たくはあったので、すぐにあったかい綾鷹か伊右衛門を買いに走らせ、湯せんで温め直してお出しする。

忘れんうちに来年の引き継ぎ資料に書いといてね!

と、事務担当へ伝えとく。

受付が始まっても来賓の取り次ぎやら、一般来場者の案内やらでバタバタ。

気が付けば、開会5分前。


慌てて舞台袖から舞台へ向かったのですが、開会までに裏ではこんなドタバタが繰り広げられてました。


開会前、舞台のどん帳が上がる直前の様子。
13020904
私は気楽なもんですが、マイクを持ってあいさつをする皆さんはやや緊張の様子。

開会式では客席はあまり暗くならないので、座ってる人たちの顔がよく見える。

みなさんの素な表情を見てると、なんだか笑ってしまいそうに。

発表が始まるとゆっくりできると思ってたら・・・
13020905
遅れて来る来場者の受付サポートとか、「○○さんどこにおる?!」みたいなことになると会場を探したりで、全く座れる気配すらなし。

基調講演は、岩手県の県立高校の校長先生による東日本大震災の話。
13020906
(写真では学校名が出てますが、検索避けのためにこの記事中では学校名を書いてません)

実はこのお話、去年の研究大会でしていただく予定だったんですが、

飛行機が欠航して来れなくなる

というハプニングがあり、連Pとしては2年越しに実現した講演。

去年は私が主催者だったので、これはもう大変でしたよ。。。

講演では、震災の様子やその後の避難生活、復興の様子をお話いただきました。

今、現地の高校生の希望は、

もう物はいらないけど、被災地を見てほしい。


ということだそうです。

これまで幾度と震災当時の話を聞きましたが、やはり何度聞いても目頭が熱くなってしまいます。

バタバタな研究大会でしたが無事終わり、これで私の役目も終わりかな。

| | コメント (0)

2013年1月28日 (月)

小学校の次期PTA会長選出会

この前呼び出しを受けた、小学校の次期PTA役員(会長)選出会へ行ってきた。

ウチの小学校では候補者が学校に呼び出され、その中から決めるシステム。

決まるまでは帰れない。

どうやら今回は11名のお父さんに召集令状が配られ、そのうち、私を含め6名が集まった。

おやじの会のお父さんは2人で、その他は初めて見る人。

この中から次期会長を決めます。


現会長が簡単な挨拶をして、いよいよ選出会のはじまり。

現会長が

では、まずは立候補がありましたら・・・

と、すごく気を遣いながら話すと、なんと、

何もわかりませんが、他にする人がいなければ私が。


と手を上げてくれる人が!!


はい、終了~!


開始15秒で、決まっちゃいました。

来年は連Pの役員になることをまだ伝えていないことを知りつつ、私はそそくさと退散することに。

どうせ、この次期会長さんとは、次年度1回目の連P役員会で会うやろし。

いつもこんだけすんなり決まるといいのにね。


私はこれまで、頼まれたら全て受けてきましたが、今回は断るつもりで選出会に行きました。

選ぶ側の選考委員会に、選ばれる側の小中単P会長、連P会長とやる側の立場から、最後の最後に断る方の立場と、あらゆる立場を体験することに。

それぞれの立場でそれぞれの視線・考え方を体験でき、これからの仕事なり人生で役に立つんじゃないでしょうか。

中学校では免除権があるので、今年でPTA会長職は引退です。

| | コメント (0)

2013年1月16日 (水)

第6回PTA連合協議会役員会

今日は年明け初のPTA連合協議会の役員会でした。

連P役員会のことは久しぶりにアップしますが、これまでも出席はしてたんですよ!

今日の会場は市役所の第二庁舎。

すでに市役所は閉まってるので、第一庁舎の守衛室から入り連絡通路を通って第二庁舎へ。
13010601

ところが、節電なのか何なのか、フロアーの電気はほとんど全て消えており、連絡通路も真っ暗。
13010602

この暗い中、迷いそうになりながら、なんとかたどり着く。
13010603

今日のメインの議題はPTA研究大会について。
13010604
全体の流れと役割分担を決めます。

私は顧問という立場、なるべく疑問、質問が出た時にだけ発言するように。

午後9時前に終わって、帰ろうと思い会議室を出ると、やはり通路は真っ暗。
13010605
明るくても来た道を戻ろうとすると迷いそうになるのに、暗いとほとんど探検気分。

真っ暗の中、エレベータが来てぶゎ~んと照明が点くと、ちょっとビビる。
13010606

来月のPTA研究大会さえ終わってしまえば、今年の仕事も終わったようなもん。

もう一息、ガンバロ。

| | コメント (0)

2013年1月12日 (土)

次年度PTA役員選考に呼ばれる

年が明けてようやく子どもの学校が始まったのも束の間、なんだか違和感のある封筒を持って帰ってきた。

何となく予感しつつ、封筒を開けると・・・




やはりか!(+_+)




13011201
次年度PTA役員候補者に推薦されたので、選出会に出席せよ!という手紙。

ウチの小学校では、次年度のPTA役員は候補者に学校へ集まってもらい、その中で決めるシステム。

決まるまで帰れません。


私はすでに小学校で会長してるし、ここ3年間連続でPTA会長に、クソほどしんどい連P会長に、今年は顧問とずっとご奉公してきて、この春にようやくその任を終えようとしているところ声を掛けられ、ちょっとムカついてる。

今の役員も私が連P役員なのを知ってるくせに、

おそくじさんに頼んだら引き受けてくれるわ~

今回の会長選びはすんなりイケてよかったね♪

みたいな青写真を描いてるんでしょうねぇ。

今までも何かと頼まれたら、二つ返事でOKしてたもんねぇ。

ものわかりのいい人がいてくれてヨカッタねぇ・・・







だが 断る!
Dgktwr_3(C)岸辺露伴



自分たちの後釜を決めるのに、そんなラクしてはいけませぬ!



前連P会長をつかまえて、何も知らんとでも思ってんのかねぇ。

ウチの小学校、来年は輪番で連P役員になることはわかってんだけどねぇ。

そしたら、私が無理無理お願いして引き受けてもらった今年の連P会長から、逆に来年の会長をしてくれとお祝い返しをされるのは目に見えている。








だが 断る!
Dgktwr2 (C)岸辺露伴




あちらさんは単に来年度の小学校の会長を頼んでるつもりでも、私の場合はそれ即ち、先2年間の連P役員をすることが決まっている。










だが 断る!

Dgktwr2(C)岸辺露伴


仕事もどんどんタイトになっていく中なんとか3年間やってきましたが、さすがにこれ以上はしんどいので、今回は何がナンでもNGです、はぃ。

ウチの小学校では、一度会長をした人で再任した人はいてません。

特にそういう規定はないけれど、暗黙の了解事項になってるはず。

選出会ではおそらく、私以外にも会長候補が呼ばれてると思いますが、この選出会の場で断ると、必ず、ダメな理由を言えと言われます。

でも、その点は大丈夫。

逆に

ホンマに理由言うていいんですかい?!

連P役員が当たることを言うてしまいますけど!


ってなるけどね。


今日、おやじの会の会合があり、召集令状が来たことを言うたんですが、やはりみんな

そら、アカンやろ

おやじの会からは選ばんことになってんのに

断る理由言うたらマズいで


と言うてましたよ。


ま、来週どんなことになるやら。

ホンマ、たいがいにせなアカンで!

| | コメント (0)

2012年10月27日 (土)

PTA中学校ブロック研究大会

先日、PTA中学校ブロックの研究大会がありました。

輪番で研究大会の開催校が回ってくるんですが、研究大会は実質2年越しで準備しなければなりません。

去年、私はブロック長ということもあって、去年から準備を進めていただいた集大成を見に行った次第。

オープニングは吹奏楽部の演奏。
Hkbknutki01_2
その後、この学校のPTA活動の紹介。

そして基調講演は、気仙沼市立松岩中学校の校長先生による、東日本震災の日に起きたこととその後の復興の様子について、写真を交えてお話いただいた。

この学校では、宮城県沖地震はいつか必ず来る!という考えで、かなり具体的かつ大規模な防災訓練を何度も重ねていた。

しかし、震災が起こると想定外の事態に見舞われるのですが、それでも避難がスムーズに出来たり、日常の訓練の成果も出たように思う。

避難所の受付や区画の割当て、防災ヘリの誘導まで訓練されており、果たして自分たちに同じことが出来るのだろうかとすごく不安に感じるところも。

そして、家や肉親を失っても気丈に生きる子どもたちの様子を見ると、泣かずにはいられませんでした。

大変貴重なお話が聞けて良かったと思います。

準備と当日の運営に奔走してくださった当番校の会長さんはじめスタッフのみなさん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧