« 台湾からタイへ向かいます | トップページ | ラヨーンの街をブラブラ »

2004年9月 7日 (火)

バンコクからラヨーンまで移動

タイの首都バンコクから、東へ約180kmのところにある田舎町 Rayong(ラヨーン)へ向かいます。

空港ロビーの1階にタクシー会社のカウンターがいくつかありましたが、その中で看板にデカデカと「ISO9001」と書いてある業者で車を調達しました。

ラヨーンまで連れて行ってもらい、2日後にピックアップして空港まで送ってもらう契約で1200バーツでした。(1バーツは約3円とすれば目安となるでしょう)

で、用意してもらったのがこのベンツ。

タイは日本と同じ左側通行なので、右ハンドルです。
Th002
このベンツ、後部座席からメーターを見ると、なんと75万キロ走っていました!

ということで恒例の世界の車窓から!
今回はタイ編です。

どこの国でも空港から市街地へ向かう高速道路沿いには、いろんな看板が立っています。

この「PENSONIC」とか・・・
Th003
S・ONY(エス・オニー)やHENDAなどなど、日本人なら少なからず反応してしまうものもあったり。

ただ、標識や看板はほとんどタイ語だけなので、何書いてるのかサッパリわかりません。
Th004
Th005

バンコク市内は高層ビル群が立ち並んでおり、大都会の様相。
Th009

一際目立つ高層ビルが「バイヨーク スカイホテル」。
Th008

高速道路は有料なので料金所があります。
Th006

タイの高速道路はすごく空いていて、車はあまり走ってません。
しかし、一般道は歩いた方が早いくらいに混んでいるので、決して車が少ない訳ではないようです。

運転手に聞いたら、
「そら、金を払ってまで高速道路なんて使わないよね」
と言うてました。

ラヨーンまでの高速代は200バーツでした。 
Th007

タイでも日本車が占める割合がとても多いようです。
タイでも車は高価なもので、増してや金を払ってまで高速を走るのは、ほとんどがキレイでいい車でした。

料金所では前にFit。その隣からのブースからはハイエース。Th010

ハイエースといえば貨物車ですが、中には乗用車グレードのハイエースも走ってました。
Th016

トヨタの「SOLUNA」
日本にはありません。
Th011

タクシーもカローラ。
Th017

サービスエリアでも日本車ばかり。
CEアコードもありました。
Th012

クラウンも!
Th013

高速道路の制限速度は車種によって違います。
Th014
中国と同じかな。

それにしてもタイの道ってまっすぐな道が多いこと。
Th015

バンコクから2時間30分かかってようやくラヨーン到着。

ラヨーンは観光地と工業団地が同居したような街で、ホテル近辺の中心街は人々で賑わっていました。
Th018
Th019

気温は高いけど、日本みたいにムシムシしてないので、比較的過ごしやすいかも。

|

« 台湾からタイへ向かいます | トップページ | ラヨーンの街をブラブラ »

出張@海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台湾からタイへ向かいます | トップページ | ラヨーンの街をブラブラ »