« 狂牛病とは、実は人間が牛肉に狂気する病気かも。 | トップページ | SPDシューズの取り寄せができない?! »

2006年9月20日 (水)

ルイガノに乗って1年経った

通勤の足、ルイガノに乗って1年が過ぎました。

Lg

最初はまたぐだけでもしんどかったけど、慣れてしまえばものすごく乗りやすい。
この1年でだいぶ脚力もついた感じ。

自転車の方は、多少キシミとネジに錆が出てますが、この値段の自転車なら仕方がないのかも。
乗り始めた当初はリムの振れが頻発したけど、最近は落ち着いたかな。

先週ぐらいから、リアタイヤの空気がじわじわと抜ける症状が出ています。
空気を入れるとちゃんと入るんですが、2~3日経つと手で押さえるとヘコむくらいに抜けてます。
パンク防止剤を入れているから一気に抜けないのかな、と思いつつ自転車屋へ。

すると、パンクではなく、バルブの虫ゴムが劣化していたようなのでこれを交換。
その後、空気の抜けは治まったみたい。


ついでに、SPDペダルに交換したいな~と思ってたので、相談してみました。

スキーのビンディングのように靴とペダルが引っかかるペダル。
どのペダルにするかはだいたい決めてあって、シマノのPD-M324にしようかなと思ってます。
SPDの入門モデルみたいなPD-M545やPD-M424も考えたんですが、ちょっとゴツくてクロスバイクには合わないようです。

SPDペダルには専用の靴が必要で、どの靴にするかは実際に履いてから選んだ方がいいらしい。
そこで、大きなショップへ見に行ってみると、靴はたくさん並んでたんですが、1種類につき1サイズしかなかったり、靴がラップで巻かれてあったりして、試し履きができませんでした。

「サイズ等スタッフにご相談下さい」と貼り紙がしてあったけど、声を掛けちゃってそこで買わなくてはならない雰囲気になっても困るので、ひとまず見本だけで選ぶことに。

歩きやすいのがいいのであまり硬くなく軽いもの、雨の日には乗らないのでメッシュ地で通気性が良さそうなもの、見た目が派手じゃないもの、あと値段も勘案して、SH-MT20Dが候補かな。

いつもの自転車屋に戻り相談すると、「最初はこのシューズでいいですよ。他のは硬いし値段も高くなるので、まずはこれで慣れましょう。」とアドバイスをいただき、ペダルとシューズを発注しました。

SPDペダルにするとかなり楽に乗れるらしいんですが、脚力がついていけるかどうかちょっと不安・・・

|

« 狂牛病とは、実は人間が牛肉に狂気する病気かも。 | トップページ | SPDシューズの取り寄せができない?! »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 狂牛病とは、実は人間が牛肉に狂気する病気かも。 | トップページ | SPDシューズの取り寄せができない?! »