« もうすぐラストランの0系新幹線に乗る | トップページ | ソフトボールの試合の後、小学校でまつり »

2008年7月26日 (土)

0系の魅力は昭和のにおい

すいません。もう1日0系ネタ引っ張らしてください(笑)

0k201

0系の魅力は何といっても昭和の雰囲気が漂っているところ。
今回いろいろ見つけたノスタルジックなポイントをご紹介。

まずは、車内に入るとドアの横にある消火器の場所を示すシール。
0k208
『ピンを抜いてレバーを握ると消化液が出ます』

×消化液 → ○消火液
火を消すより食べすぎの時に効果がありそう。


タバコが吸える6号車のデッキには灰皿が備え付けられてます。
0k207
灰皿の蓋がくるっと回るタイプ。
これも今では見られない灰皿。


3号車には売店として使われていたスペースが。
0k202
今はもう単なる無駄な空間になってますが、かつては賑わってたんでしょうね。


洗面所も昭和の雰囲気がいっぱい。
0k203
今は手を触れなくてもいいセンサー式の蛇口があたりまえですが、お湯と水のレバーつき。
そして、一番ありえないのが固形せっけん。
さすがに固形せっけんを使う人はいないようで、カピカピに乾燥してました。

但し、鏡は三面鏡がおごられてます。
0k204
これはなかなかいいね。
寝ぐせも直せます(笑)

デッキから客室に入る自動ドアのスイッチ。
0k206


客室の天井もいい雰囲気。
0k205
最近は間接照明が主流ですが、カバーが付けられた直接照明。
今では難燃基準が変わって樹脂製のカバーが使えなくなったとか。
荷物を置く”網棚”も金属のパイプを並べたもので、小さなものは落ちてきそう。


今回、開業当初の色に塗り替えられましたが、車内アナウンスのチャイムも今の『いい日~旅立ち~♪』から昔のチャイムになってました。なつかし~

JRになってから、このスペースにデカデカと『JR』と少々下品に書かれちゃいましたが、国鉄時代の塗色になったので『JR』は抜いてくれたんでしょうかね。
0k212_2 


どこか愛らしい顔の0系が引退してしまうのは寂しい限り。
0k213

|

« もうすぐラストランの0系新幹線に乗る | トップページ | ソフトボールの試合の後、小学校でまつり »

出張@国内」カテゴリの記事

乗り物@新幹線*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もうすぐラストランの0系新幹線に乗る | トップページ | ソフトボールの試合の後、小学校でまつり »