« 愛媛へ出張 | トップページ | 銭形の砂絵を見てきた »

2008年10月16日 (木)

松山→大阪鈍行紀行 ~前回の続き編~

以前、松山から大阪までJRの鈍行を乗り継いで行こうとしましたが、観音寺まで行ったところで時間切れで断念しました(その時の記事はこちら)。

そこで今回は、前回断念した観音寺から鈍行乗り継ぎの続きをすることに。

ちゃんとリベンジを果たそうとすれば松山からスタートしないといけないんですが、今回も途中でいろいろと寄り道することにしています。途中で寄り道しなければ松山から鈍行で行けるんですが、時間的なこと・体力的なことを考え、観音寺から鈍行乗り継ぎのスタートとしました。

松山から観音寺までは特急で移動。
大阪までの乗車券と、観音寺までの自由席特急券を買います。
Ysnh101

13:21発 いしづち20号の自由席に乗り込みましたが、出発時間になっても発車しません。
Ysnh102

前回も行き違いの列車の遅れの影響がありましたが、今回は松山で接続する宇和島からの特急が遅れており、これを待ちます。
結局、9分遅れで出発しました。

15:04 5分遅れで観音寺到着。
Ysnh103

観音寺で途中下車して銭形の砂絵を見物してから、鈍行紀行のスタート。

15:37発 高松行き普通電車。
Ysnh104
ここでも3分遅れの15:40に出発。

昨日も書きましたが、車内ではKYなカメラマンならぬカメラウーマンによる撮影会。
08101507

宇多津に差し掛かると、何やら街並みに不釣合な高層ビルが見えてきます。
Ysnh106
後で調べたら「プレイパーク ゴールドタワー」というそうですが、建てたのはいいけれどうまく使えてないみたい。

16:25 定刻で坂出到着。
Ysnh107

丸亀・宇多津方面から岡山方面に向かう際、一旦坂出まで出ると宇多津-坂出間を区間外乗車しているように見えますが、この区間は運賃計算の特例があるのでOK。

《特定の分岐区間に対する区間外乗車の特例》
次の区間をご利用になる場合は[ ]内の太線区間のキロ数は含めないで計算します。同区間内では途中下車できません。
◆宇多津以遠(丸亀方面)の各駅と児島以遠の各駅との相互間[宇多津~坂出]

Tokukubun_img
                                
(出典:JR四国WEBサイト) 

坂出から、16:53発マリンライナーで岡山へ。
Ysnh108

坂出を出発して数分で瀬戸大橋が見えてきます。
Ysnh109

ちょうど夕日の時間。
「きれいな夕日だな~」という感覚より、「西日が暑いな~」という気持ちが勝ってしまう情緒のないワタクシ(笑)
Ysnh110

岡山に着く頃には、すっかり日が落ちてしまいました。
17:36 定刻より3分遅れで岡山到着。
Ysnh111

岡山から山陽本線で姫路に向かいます。
ここ岡山~姫路間は、東海道線の米原~大垣間とともにボトルネックとなっており、普通電車の乗り継ぎが困難なところ。

18:01岡山発姫路行きの普通電車に乗り換えます。
Ysnh112
岡山に着いてからすぐに並んだおかげで座れましたが、出発する頃にはかなり混雑してました。

姫路までの道中、ほとんど寝てました zzz...

19:26 姫路着。
Ysnh113

姫路駅に着いてビックリ。
むちゃくちゃキレイになってる~!
高架化工事をしていることは知ってましたが、あまりの変わり様に驚いてしまいました。
でも、まだ完成してないんですね。

姫路でも途中下車して寄り道。
改札機にきっぷを投入すると、『途中下車』と表示され止められてしまいました!
係員のところで途中下車する旨を告げると、途中下車印を押してくれ改札を通過。
Ysnh116
有人改札の頃はよく途中下車のスタンプを押してくれましたが、最近はスタンプを押さなくなりました。
さっきの観音寺でもスルーでした。
JR東日本では途中下車でも自動改札で出場できますが、西日本では改札機で途中下車処理はやってないんでしょうかね。

その後、20:27発 新快速米原行で一気に大阪へ。
Ysnh114

21:33 新大阪到着。
Ysnh117

今回、観音寺からでもおよそ6時間でした。
松山からなら、さらに4時間程かかります。

これで、前回の鈍行紀行とあわせ、一応 松山から大阪まで鈍行で移動できました。
やはり一気に完乗するには、時間と体力は必須です。

|

« 愛媛へ出張 | トップページ | 銭形の砂絵を見てきた »

出張@国内」カテゴリの記事

乗り物@鉄道(JR)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛媛へ出張 | トップページ | 銭形の砂絵を見てきた »