« 外はカリっと中はトロ~りのたこ焼き 『カリトロ』@豊中駅前 | トップページ | 夏休みの工作 せんたくばさみで家作り ~その2~ »

2010年8月30日 (月)

夏休みの工作 せんたくばさみで家作り ~その1~

もう夏休みも終わりに近づいてきましたが、今年もやりました、木製せんたくばさみを使って工作。

次男坊に何作りたい?と聞いたら、去年は船を作ったから今年は飛行機と言う。

しかしながら、さすがに飛行機は小3レベルの作業ではなくなるので、飛行機はパス(毎回小学生レベルを超えてるとの声も!笑)。

今年はちょっと楽して、基本、普通サイズのせんたくばさみで作れてしまう  にしました。

せんたくばさみで家を作るのは、今回で3回目。
過去、長男の時に2回作ったけど、せっかくなのでどーんとスケールアップさせることに。
(過去に作った家は、またの機会にご紹介しまする)


さて、製作に取り掛かりましょう。

まずは土台から。

といっても、作り方なんてものはなく全くのノープランなので、どう作るのかはやりながら考えます。

過去の家作りでは土台もせんたくばさみで作ったけど、今回は大きめのものを作ろうと思うので、せんたくばさみでは水平になりません。

そこで今回は、30cm×20cmのMDF板を使います。
Stbmhus01
近くの100円ショップで購入。
このサイズのMDF板でも105円で買えるとはちょっとビックリ。

ここに普通サイズ(約8cm)のせんたくばさみを並べてみると、ちょうど横方向に4本、たて方向に2本でジャストフィット。
ボンドで接着。
Stbmhus02
30cmの板に8cmのせんたくばさみ4本並ぶって計算合いませんが、せんたくばさみのサイズは目安みたいなもん。
実際には大きさバラバラ。

この上にボンドで接着しながら積んでいきます。
Stbmhus03
一応、最下部は内側からもう1列せんたくばさみを付けて補強。

7段積みました。
Stbmhus06
さらに内側からミニサイズ(約4cm)のせんたくばさみをくっつけて壁を補強。

とにかく外から押されても壊れないように補強します。
Stbmhus05

最初のイメージでは大きいひとつ屋根にしようと思ってたけど、そうすると屋根が大きくなり過ぎ、重たくなるので強度を出すのも難しい。
そこで、ふたつ屋根の家にすることに(△△←こんな感じ)。

屋根を支える壁を作ります。
普通サイズを壁の高さと同じだけ、今回は7本並べてボンドで接着。
Stbmhus07

乾いたら、家の中に据え付け。
だいたい均等になるように位置を調整。
Stbmhus08
きっちり均等にしなくても構いません。
ってか、均等にしてもどうせ屋根が均等にはならないので無意味。

屋根のパーツを作ります。

普通サイズのせんたくばさみを4本くっつけたものを40セット作ります。
Stbmhus09

ある程度ボンドが乾いたら、これを18本ずつ並べて接着。
Stbmhus10
この時、せんたくばさみの幅もバラバラなので、18本並べた長さがだいたい同じになるように、4本セットで組んだパーツの組み合わせを調整。
組み合わせ調整しないと、ヘタすりゃせんたくばさみ1本分くらいずれることも。
この18本組を6セット作ります。

ボンドが乾燥したら、この18枚組セットを屋根の傾斜になるように重ね合わせて接着。
Stbmhus12
これを2セット作ります。
端っこが浮いちゃうので、せんたくばさみで挟んで固定。
この部分が外側部分の屋根になります。
どの部分を接着してるかは、後から出てくる写真も参考にしてください。

内側部分は壁が通る場所をカットし、4個組パーツと接着。
Stbmhus11
接着してからカットするのは大変なので、予め壁と当たる部分を見ながら、おしりをカットしたものを接着する感じ。

ここでしっかり乾燥させます。


つづきはその2へ

|

« 外はカリっと中はトロ~りのたこ焼き 『カリトロ』@豊中駅前 | トップページ | 夏休みの工作 せんたくばさみで家作り ~その2~ »

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外はカリっと中はトロ~りのたこ焼き 『カリトロ』@豊中駅前 | トップページ | 夏休みの工作 せんたくばさみで家作り ~その2~ »