« 増税後初の東京出張 | トップページ | 大阪→松山出張紀行 ~その1~ 新幹線で岡山へ »

2014年4月10日 (木)

幻の『こだま415号』

東京出張からの帰りも新幹線で。

東京発ののぞみはIC早特の設定がないので、ひかりに乗る。
14040921

東京19:33発 ひかり531号。
14040922

19番線ホームへ上がると、向かいの18番線に東京着のN700系こだまが折り返しの清掃中だったんですが、行先表示器に珍しい表示を発見!

『こだま415号 東京』の表示。
14040924

現在の号数の付け方では、400番台は臨時のぞみに割り当てられる番号で、こだまは600番台以上となる。

それ以前に、どの列車も東京行きの上り列車は偶数になるので、奇数の東京行き列車は、ない!

実はこの列車、名古屋発こだま668号として東京へ到着。

そして、折り返し臨時ののぞみ415号新大阪行きとなり、折り返しのため車内清掃中でした。

なので、ホームの案内表示は、ちゃんとのぞみ415号になってる。
14040923
推測するに、折り返し列車の列車種別と号数を設定する際、種別より先に号数の設定をしてしまい、種別はこだまのままされてしまったのかと。

しばらくすると種別も正しく設定されたのか、『のぞみ415 新大阪』 と表示されました。
14040925

ちなみにこの列車、Z59編成。
14040926
記録を見ると、2012年に一度乗ってます。

そんで、私が乗るひかり531号は、N700系 Z5編成。
14040927
Z5編成には初乗車。

このひかり531号は折り返し列車ではなく、回送で入線してきた。

列車は定刻に出発。

車内がバタつくのを避けるため、品川を出発してから、毎度毎度の東京駅八重洲口の地下『魚がし日本一』で買った特上にぎり 出張帰りの至福のひととき・ロング缶セット を堪能する。
14040928

デザートはもちろん、みかんアイス。
14040929
相変わらずカッチカチで、スプーンが入らない!

京都を出発し、ぼちぼち下車する準備をしはじめると、新大阪へ向けて加速中だった列車に急ブレーキが掛かる。

あ、ATCブレーキ!

と瞬間的に悟る。

まだATS制限速度が上がらないのに加速し過ぎた、みたいな。

ぼーっとしたらアカンで!

|

« 増税後初の東京出張 | トップページ | 大阪→松山出張紀行 ~その1~ 新幹線で岡山へ »

出張@国内」カテゴリの記事

乗り物@新幹線*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 増税後初の東京出張 | トップページ | 大阪→松山出張紀行 ~その1~ 新幹線で岡山へ »