« 鉄路で松山へ出張 その1 ~新幹線で岡山へ~ | トップページ | 松山からの帰りは空路で »

2014年8月23日 (土)

鉄路で松山へ出張 その2 ~ちびっこで賑わう特急しおかぜ~

鉄路で松山へ出張 その1からのつづき


岡山から特急しおかぜに乗り換えて松山へ向かいます。

今回、しおかぜは先頭車両最前列、1号車1A席を取りました。
14082230

11:34発 しおかぜ9号は8番線とチェックしてホームへ行くと・・・
14082206

いつもと違うアンパンマン列車が停車中。
14082207

あれ、ホーム間違えたかな?

と思い、もう一度確認したけど、やっぱり8番線にアンパンマン列車。

私はノーマークでしたが、この日のしおかぜ9号は2000系ディーゼル車のアンパンマン列車での運行でビックリ!

各車両、デザインの違うアンパンマンと仲間たちでいっぱい。
14082210

しかし車内を見てみたところ、アンパンマンはどこにもおらず・・・
14082212

せいぜい、ドアの注意ラインにいてるだけ。
14082211
ただ、後から別の車両でアンパンマンを発見するんですがね。

岡山方の先頭車。しおかぜのヘッドマークを出している。
14082209

ディーゼル車なのでもちろんパンタグラフはないのですが、振り子車両で天井の機器も少なく、頭が軽い印象。
14082208

私の乗る1号車は、ばいきんまんが描かれてる。
14082213

松山方の先頭車。
大型窓の下からばいきんまんが覗いていて、もしかしてばいきんまんが乗ってるUFOなのかも!
14082214

とすると、運転しているこの人がばいきんまん?!
14082220
さすがに、振り返って「ハ~ヒフ~ヘフ~」とは言わなかった。

1号車の先頭側はグリーン車で1×2列の座席。
14082215

リニューアルされたシートですが、8000系とはかなり違うデザイン。
14082216

壁際は足元が狭いことが多いけど、この2000系は足元が広め。
14082217
固定式のテーブルは背面テーブルより奥行きがあり、Surfaceを向こう側に落っことすこともない。

コンセントの口も2つあり、なかなか便利。

特にいいのが、フットレストを固定しているところにカバーがしてあり上面に生地が貼ってありますが、ここに足を乗っけるとなかなかいい感じに足を伸ばせる。

最前列で前面展望が楽しめると思いきや、雨が降っていてあまり眺めがよくない。
14082218

しかも児島で乗務員が交代したら、運転士以外にもう一人乗務員室に座ってしまい、前が全然見えなくなる(´・_・`)
14082221

しゃーないんで、デッキへ出て瀬戸大橋を渡るところを見ることに。
14082222
ちょっとハズいけど。。。

四国に上陸し宇多津で高松からのいしづちと連結すると、いしづちの女性運転士まで中に入ることに。
14082223
とすると、あなたはドキンちゃんですかい?

ばいきんまんの仲間たちは多度津で降りたので、前が良く見えるようになった。
14082224

カーブでは振り子を使って車体傾斜させているのがよくわかる。
14082225

前が見えると、架線もよく見える。

トロリー線をぶら下げている棒のようなものの形状が、直線区間では水平から自然に下がっている感じですが・・・
14082227

カーブ区間では「へ」の字状に途中で持ち上がっているのがよくわかる。
14082226
車体傾斜と関係してるのかどうかはわかりません。

今治を過ぎると国道196号線とともに海岸線を走る。
14082228
この前、この国道を通ったんですけどね。

14:13 松山に到着。
14082229

松山で後ろの普通車側から降りようと思い仕切り扉を開けたところ、車内にいないと思ってたアンパンマンたちがいてるじゃあーりませんか!
14082231_2

グリーン車との仕切り扉にはバイキンメカ。
14082232

車内はバイキンがいっぱい(笑)
14082233

図らずしてアンパンマン列車に乗ってしまったのですが、子どもは喜ぶでしょうね。

実際、写真を撮る親子でいっぱいだったし。



(2014.09.09update)
誤記の指摘をいただき修正しました。

|

« 鉄路で松山へ出張 その1 ~新幹線で岡山へ~ | トップページ | 松山からの帰りは空路で »

出張@国内」カテゴリの記事

乗り物@鉄道(JR)」カテゴリの記事

コメント

東京の京急電鉄ではアンパンマン列車を走らせず、代わりに美少女戦士セーラームーンや、フレッシュ・ハートキャッチ・スイート・スマイル・ドキドキ・ハピネスチャージの各プリキュアの描かれた電車を走らせるそうで、該当する編成の車内にはセーラームーンシートやプリキュアシートが設置されるそうで、該当する編成のドア注意ステッカーにもセーラームーンやプリキュアが登場するそうです(大阪府の京阪電鉄と山梨県の富士急行との間で機関車のトーマスのラッピングの対決はあるが、アンパンマンの対決は無い。1994年と1995年に東京の京王帝都電鉄(現・京王電鉄)で8000系や今は無き6000系を使ってセーラームーンエクスプレスを走らせていたが、京急がアンパンマン列車を走らせることはない)。
理由として、東日本大震災の影響やアンパンマンの作者のやなせたかしさんがなくなられたとかでアンパンマンの人気が減少傾向にあることと、京急は大部分の区間で海の近くを走っており、アンパンマンのアニメで「顔がぬれて力が」というシーンがかつて横須賀市内で脱線事故に遭遇し、その後廃車になってしまった京急1500形電車や東日本大震災で被災廃車になってしまった仙石線・石巻線・気仙沼線の列車を連想させて不吉・不適切なことと、京急沿線にはアンパンマンがきらいでセーラームーンやプリキュアが好きな人が多いためです。

投稿: まいんど | 2014年9月 2日 (火) 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鉄路で松山へ出張 その1 ~新幹線で岡山へ~ | トップページ | 松山からの帰りは空路で »