« 甘辛いタレと魚介の風味がウマい 六三六の『特製まぜそば』@大阪・箕面 | トップページ | やみつきになるウマさ! フジバンビ謹製 『ひとくち蜂蜜ドーナツ棒』&『黒糖ドーナツ棒』 »

2016年11月11日 (金)

FTR223のプラグ交換

最近、急に寒くなってきたせいか、FTRのエンジンのアイドリングが安定しません。

エンジンが暖まってきた頃、信号待ちでアイドリングの回転が高すぎるのでチョークを戻すと、エンストしてしまう。

1時間以上走ってもチョークを全部戻すとエンストしてしまうので、少しずつチョークを戻してエンストするかしないかのギリギリのところにレバーを調整しなければならないという。

しかも一度回転が落ちて安定したかと思っても、しばらくするとエンジンが咳込んでエンストしそうになるので、再びチョークを引っ張って回転を上げなければならないという。

おかげで、燃費が悪いのなんの。
満タンから80kmちょっとでリザーブになってしまうという。

チョークと言っても実際にはバイスターターなので、キャブのパイロットスクリューを調整しようとしたけれど、ホンダ車はD型の専用ドライバーが要るので断念。

気休めかもしれないけれど、とりあえずプラグを変えることに。

ノーマルプラグを買おうとしたけど、つい癖(ヘキ)でイリジウムプラグをポチってしまう。
Ftrplg161001

熱価は変えずに、DPR8EIX-9。
Ftrplg161002

FTRはプラグコードが丸見えなので、交換するのも楽チン。
Ftrplg161003

プラグコードを抜いてノーマルプラグを見ると、根元のボルトの部分もシリンダーの冷却フィンと同じように白錆が出てるので、だいぶ交換されていないかも?
Ftrplg161004

12mmのプラグレンチは持ってないので、車載工具に入ってるプラグレンチを使うことに。
Ftrplg161005

プラグレンチを車載工具の17mmのレンチで回して外します。
Ftrplg161006

左:新品のイリジウムプラグ
右:取り外したノーマルプラグ
Ftrplg161008
外したプラグを見ると色は悪くないと思うんですが、若干黒いような気もする。

新しいプラグの取り付けにあたり、NGKのサイトに指定の締め付けトルクが書かれてますが・・・
Ftrplg161013

いかんせんトルクレンチを持ってないので、同じページに載ってるトルクレンチを使わない方法で取り付けます。
Ftrplg161014

プラグの座金が当たってからレンチで180度回せと書いてあるので、プラグレンチをセットして180度回そうとしたところ・・・
Ftrplg161009

あれ、これ以上回らないぞ!
Ftrplg161010
絞め過ぎて切ってしまうといけないので、これでヨシとしよう。

プラグコードを取り付けてエンジンを回してみても異常ないし。
Ftrplg161011

ただ、車載工具が汚すぎるのはなんで?
Ftrplg161012
ビニール手袋をしといてよかった。

さて、プラグを変えて乗ってみたところ・・・


なんということでしょう~♪

(ビフォーアフター風)


あれだけ安定しなかったアイドリングがかなり安定するように。

しかも、下の回転でも咳き込まずによく粘るようになり、振動自体は減らないけれど少し角が丸くなった感じで、乗りやすくなる。

正直ほとんど効果は期待してなかったのに、機構が単純だからなのか予想以上に良くなった。

ただ、まだチョークを全戻しするとエンジンが止まってしまうので、やはりキャブ調整はいるかも。

今度の点検で見てもらおう。

|

« 甘辛いタレと魚介の風味がウマい 六三六の『特製まぜそば』@大阪・箕面 | トップページ | やみつきになるウマさ! フジバンビ謹製 『ひとくち蜂蜜ドーナツ棒』&『黒糖ドーナツ棒』 »

バイク*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 甘辛いタレと魚介の風味がウマい 六三六の『特製まぜそば』@大阪・箕面 | トップページ | やみつきになるウマさ! フジバンビ謹製 『ひとくち蜂蜜ドーナツ棒』&『黒糖ドーナツ棒』 »