« 中部空港から福岡空港へ | トップページ | 九州新幹線800系にちょい乗り紀行 ~その2~ 筑後船小屋から博多へ »

2017年4月18日 (火)

九州新幹線800系にちょい乗り紀行 ~その1~ 博多から筑後船小屋へ

名古屋から大阪への帰路、福岡へ寄り道。

福岡からは新幹線で大阪へ戻りますが、博多21:09発の最終のみずほまで1時間ほどあるので、その間に九州新幹線800系にちょっと乗ることに。

博多から九州新幹線に乗り、最終のみずほに間に合うように戻ってくることができる一番遠い駅が筑後船小屋。
170412b01
e5489で指定席を取りました。

博多駅20:00発、つばめ345号。
170412b02

新幹線用の11番線は小倉方が行き止まりになっており、九州新幹線と博多南線専用ホームになっている。
170412b03

800系2000番台はヘッドライトの形状が変わり、表情がよりかわいくなった。
170412b04

ヘッドライトカバーがぽっこり膨らんだ形状。
170412b07

U008編成。
170412b05
車体下部の金赤のラインは、つばめが飛んだ跡のように描かれていて、JR九州らしいおしゃれ感があっていい。

800系のロゴとつばめのエンブレムが描かれる。
170412b06

JR九州の特急列車は、エンブレムがやたらと多く描かれているのも特徴。
170412b08
170412b23

5号車には、つばめがクルっと1回転したみたいになっていて面白い。
170412b09

車内は「和」を基調にしたデザインで、デッキの壁は柿渋色。
170412b10

洗面台の仕切りは縄のれん。
170412b11

客室とデッキとの壁はクスノキ。
170412b12
先頭車の乗務員室側に出入口がないのは、500系みたいな。

シート生地は西陣織という。
170412b13

リクライニングさせてみた。
170412b15

背面も木製で、テーブルはありません。
170412b14

テーブルは肘掛け下に収納されている。
170412b16
弁当を置くにはちょっと小さめ、パソコン置いてキーボードをたたくのはちょっとしんどい。

U007編成以降は窓枠下も木製になり、ドリンクが置けるくぼみがある。
170412b18

日よけも木製で、簾みたいな。
170412b20

窓枠下にペットボトルを置いても、日よけを一番下まで下げられる。
170412b21

荷物棚も木目ですが、強度的にここはさすがに木製ではないかも。
170412b19

通路の扉の上に車内表示器がありますが、後方席の視認性を上げるために車両の真ん中にも表示器があるのはうれしい。
170412b17

最前列と最後列の壁に100Vのコンセントがある。
170412b22

こんな具合に車内をあちこち見て回れるほど空いていてます。
博多を発って25分で筑後船小屋に到着。
170412b24
ここで降りたのは私を含めて5人ぐらい。

時刻表を見ると、13時台には列車はないみたい。
170412b25

ホームドアが閉まり、列車を見送ると・・・
170412b26

しーんと静まりかえってしまう新幹線の駅。
170412b27

ここで一旦改札を出て、すぐに引き返します。


その2へつづく

|

« 中部空港から福岡空港へ | トップページ | 九州新幹線800系にちょい乗り紀行 ~その2~ 筑後船小屋から博多へ »

乗り物@新幹線*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中部空港から福岡空港へ | トップページ | 九州新幹線800系にちょい乗り紀行 ~その2~ 筑後船小屋から博多へ »