« 台湾で中華電信のプリペイドSIMを使う | トップページ | 台湾へ行ったら『青葉』の卵焼きを食べたくなる »

2017年5月 3日 (水)

台湾の鼎泰豐で小籠包を食べる

関空のラウンジで食べたカレーと機内食で、台湾に着いてからもあまりお腹は空いてなかったけど、台湾に来たらやっぱり『鼎泰豐』へ行っとかなあかんやろ!という訳で、鼎泰豐の本店へ行ってみた。
Dintafogtw01
ま、話には聞いてましたが、やっぱりすんごい人でごった返してる。

午後1時を回ったところでしたが、待ち時間は45分。
Dintafogtw02
さすがにここで45分待つのは・・・

ということで、本店をあきらめ、近くの台北101にある鼎泰豐へ行くことに。
Dintafogtw03
台北101の1Fにある鼎泰豐へ行ってみると・・・


50分待ち!


さっきより増えとるやんけ!!



ここもあきらめて地下鉄で中山駅まで行き、新光三越台北南西店1館B2Fにある鼎泰豐へ。
Dintafogtw04
ここは待ち時間30分。

これ以上動く気力もないので、待つことに。

この時すでに14:12だったので、最初の本店で待ってたらすでに食べられてたかも。

受付の店員に中国語で「2位」(2人という意味)と言うと、一瞬で日本人と見破られ、日本語で書かれた整理番号票と注文票を渡される。
Dintafogtw05
普通に日本語で話しかけても通じます。

待ってる間にゆーっくり料理を選んで注文票に書いておき、案内されたらすぐにオーダーするというシステム。
Dintafogtw16

料理を選ぶもなにも目当ては小籠包だけなんですが、メニューを見てると他にも食べたくなってしまいますね(笑)
Dintafogtw06

Dintafogtw07

Dintafogtw08

外からガラス越しに小籠包を作ってる様子を見ながら待っていると、結局20分待ちで番号を呼ばれる。日本語で。
Dintafogtw09

席へ案内される途中、前菜の見本が並んだカウンターの前を通らされ、「前菜はいかがですか~」と中国語で勧められてしまうというシステム。

結局、干豆腐にもやしや海藻を和えた小菜を頼んでしまった。NT$70也(約330円)。
Dintafogtw10
料理が出てくるまでの間つまむのにちょうどいい。

店の人が小籠包のタレを作り、食べ方を指南してくれる。
Dintafogtw11
ま、私は基本的にタレは使わないけどね。

しばらくしてやって来ました、小籠包。10個NT$210也(約770円)。
Dintafogtw12

やっぱりアッツアツの肉汁がたまりません!
Dintafogtw13
店ごとに味が違うという人もいてるようですが、私はまだ食べ比べが出来るほど食べてないので、安定したウマさとしか表現しようがない。

次にやって来たのは、蝦肉餛飩麵(えびと豚肉入りワンタン麺)。NT$170也(約630円)。
Dintafogtw14
出てきて一瞬「ん?麺なんて頼んだっけ??」となったんですが、よく考えたら間違えて注文してしまったらしい。

お腹もいっぱいなのでホントは蝦肉餛飩湯(えびと豚肉入りワンタンスープ)を頼むつもりが、麺の方にチェックを入れてしまったようで。。。(;´・ω・)

しゃーないんで、二人で麺も食べたんですが、味が薄すぎるのなんの!

特に小籠包を食べた後で麺を食べると、お湯飲んでんじゃないかと思うくらい(笑)

テーブルにある調味料は醤油と酢だけなので、これを適度にかけるとまだマシに。
Dintafogtw15

やっぱりラーメンは日本のものがウマい!

でも、鼎泰豐の小籠包はウマい!!



数日後、現地の台湾人に今回の鼎泰豐の混みっぷりを話したところ・・・

鼎泰豐なんて観光客しかいないところダメだよ!

料理の数も少ないし!

行くなら金品茶楼にしなさい!!


と言われちゃったので、次の機会は金品茶楼に行きます。



鼎泰豐 南西店
台北市中山区南京西路12号
新光三越南西店1館 B2F

営業時間: 11:00~21:30

|

« 台湾で中華電信のプリペイドSIMを使う | トップページ | 台湾へ行ったら『青葉』の卵焼きを食べたくなる »

グルメ@海外」カテゴリの記事

出張@海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 台湾で中華電信のプリペイドSIMを使う | トップページ | 台湾へ行ったら『青葉』の卵焼きを食べたくなる »