« カーシェアで、メルセデス・ベンツ C180カブリオレスポーツを借りる | トップページ | 湯原温泉でお昼の会席を食べる 『湯原国際観光ホテル 菊之湯』@岡山・湯原温泉 »

2018年12月10日 (月)

スープが煮えたぎる名物ラーメン 『石焼らーめん火山』@栃木・小山

北関東へ行くと、無性に食べたくなるラーメンがあります。

その店が『石焼らーめん火山』

 

Rmkzn18y01

店の名前の通り、この店の名物が石焼らーめん

 

Rmkzn18y02

お昼時ということもあってかオーダーして10分ほどで運ばれてきますが、その前にやらなければならないことが。

まず、テーブルに敷かれている紙、これは単なるテーブルクロス的なものではなく、上の方の角を両手で持ってガードするためのもの。Rmkzn18y03

準備が出来たらラーメンが運ばれてきますが、この時点ではスープが入っていません。

 


店員さんが別の器にスープを持ってきて、テーブルに置かれた熱々に熱せられたラーメンの器に投入すると・・・

 


スープが一気に沸騰して煮えたぎる!


真ん中の半熟たまご以外の部分が沈んでしまうという。
Rmkzn18y06

このまま2分ほどずっと沸騰したままなので、すぐに食べることはできません。

 


もしこれが大分県の別府にあったなら、間違いなくラーメン地獄と呼ばれていたでしょう。

この石の器はコンロで320℃に熱せられているそうで、厨房を見ると赤外線温度計で温度を計ってるようでした。

スープ投入後3分ほど経つとようやく泡も収まってきて、食べられるように。

 

Rmkzn18y08
野菜がたっぷり280gも盛られていて、煮込みラーメンみたいな。

実際はごはんとセットになった石焼野菜醤油らーめん、850円也(税別)。
Rmkzn18y07
十二分に火が入った野菜がたっぷり、もやしのしっぽが若干焦げているものもあったり。

高温で煮込んでいるおかげで、スープに野菜の甘みが出てすごく美味しい。

あれだけ煮込んでも麺は伸びておらず、しっかりコシがあってもっちりした食感。

ホントに鍋を食べてるような感覚。

本来は、余ったスープにごはんを投入して雑炊みたいにシメるらしいのですが・・・

 

Rmkzn18y09

私はごはんにスープをかけていただく。

 

Rmkzn18y10

さらに、石焼らーめんを頼むと、杏仁豆腐かアイスも付いているので、今回はアイスをいただく。

 

Rmkzn18y11
熱々のラーメンを食べた後にはちょうどいい。

ただ、アイスがカチカチ過ぎて袋がアイスにへばりついてしまい、なかなか袋を剥けなかったのはここだけの話。

味だけでなく見ても楽しい名物ラーメンです。



石焼らーめん火山 小山店
栃木県小山市東城南1-1-32
営業時間: 11:00~22:00(定休なし)
TEL: 0285-31-0082

|

« カーシェアで、メルセデス・ベンツ C180カブリオレスポーツを借りる | トップページ | 湯原温泉でお昼の会席を食べる 『湯原国際観光ホテル 菊之湯』@岡山・湯原温泉 »

ラーメン@関東・東北」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カーシェアで、メルセデス・ベンツ C180カブリオレスポーツを借りる | トップページ | 湯原温泉でお昼の会席を食べる 『湯原国際観光ホテル 菊之湯』@岡山・湯原温泉 »