« 帰りの新幹線で通訳をする | トップページ | 2回目のボヘミアン・ラプソディ、やっぱりイイ! »

2019年1月19日 (土)

カッチカチの新幹線アイスを早く食べるには・・・ 2ndチャレンジ

今回の出張の帰路、新幹線アイスとホットコーヒーを買ってみた。
Sksic191a1

カッチカチの新幹線アイスを早く食べられるよう、前回、ホットコーヒーのフタの上に乗せて温めましたが、この方法ではカップの下の方が先に溶け、上の方が食べごろになる頃には下は溶け過ぎてドロドロになってしまい、スプーンを入れるとアイスの塊がクルンっとひっくり返ってしまうという(記事)。

下の方から温めると失敗するので、じゃあカップをひっくり返してフタ側から温めたらいいんじゃね?と思い、今回それを試してみた。

カップをひっくり返して温めると溶けたアイスが漏れそうですが、心配ご無用、新幹線アイスにはアルミで密着させた内フタがあるので大丈夫。
Sksic191a3

カップをひっくり返し、ホットコーヒーのフタの上に置くと・・・
Sksic191a2

振動でアイスが落っこちるじゃないか!

↓こんな感じで落っこちるので、コーヒーの上に置いておくことができません。


なら、アイスの外フタを取って、アルミ越しに温めてみる。
Sksic191a4
でも、同じように振動で落ちてしまう。

アイスのカップの上にスマホを乗っけて重しにしてみましたが、紙相撲みたいに振動でだんだんずれてしまい、コーヒーから落ちてしまう。

なら、アイスの上にコーヒーを乗っけてみたところ、やっぱり振動で動いてしまう。


これはなかなか手ごわい。。。



そうこうしてるうちに買ってから6~7分経ったので、強硬策でふたを開けて食べてやろうとしたら・・・
Sksic191a5
カッチカチでまだスプーンが入らん!

ここにコーヒーかけて食う人もいますが、アイスとコーヒーは別々に味わいたいので、そのまましばらく待つ。

2駅通過した頃にようやくスプーンが入るようになり、やっと食べられる。

他にいい方法はないもんか?


ん!

アイスのカップをひっくり返し、コーヒーのフタを外して上に置いたらどうなんだろう?

|

« 帰りの新幹線で通訳をする | トップページ | 2回目のボヘミアン・ラプソディ、やっぱりイイ! »

スイーツ」カテゴリの記事

乗り物@新幹線*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 帰りの新幹線で通訳をする | トップページ | 2回目のボヘミアン・ラプソディ、やっぱりイイ! »