« 週末の東海道新幹線はかなりの混雑 | トップページ | 東大キャンパス内にあるイタリアンでランチ 『ape cucina naturale』@東京・東大駒場リサーチキャンパス »

2019年2月24日 (日)

カッチカチの新幹線アイスを早く食べる攻略法!

まるで鋼のような硬さで有名な新幹線アイス。

これが美味しいのでたまに食べたくなるんですが、いかんせんカッチカチ過ぎてスプーンが入らないので、買ってすぐには食べられないという。

そこで、できるだけ早くカッチカチのアイスを食べる方法はないかといろいろ試してきましたが(記事1)(記事2)、ついにいい方法を発見!

ちなみに、アイスにホット
コーヒーかけて食べる人もいるようですが、私はアイスとコーヒーは別々に味わいたいので、混ぜるという選択肢はありません。

この前、アイスを逆さにしてホットコーヒーの上に置いたらいいんじゃないかと思い試してみたところ、走行中の振動でアイスが落っこちてしまうという。

この時、ホットコーヒーはラージサイズを買ったんですが、よーく見たら、ホットコーヒーはレギュラーサイズとラージサイズで蓋の形が違っているじゃないか!

そこで、改めてレギュラーサイズのホットコーヒーとアイスクリームを買って・・・
19022221

アイスを逆さにしてホットコーヒーの上に置いてみると、レギュラーサイズのホットコーヒーは蓋の上部に段差があり、ここにアイスの蓋がうまく引っかかって、振動があっても落ちない!
19022222

このまま5分ほど置いてみると、アイスの蓋がほんのり温かくなっていて・・・

ちょうどいい柔らかさになってる!( ゚∀゚)
19022223

新幹線アイスは周りから柔らかくなるので、食べ進んでるうちにコロコロしちゃうのですが、この方法で温めると普通にアイスを食べるように上から均等にすくえます。
19022224
今回は試しに5分ほど温めましたが、若干溶け過ぎのような感じなので、もう少し短くてもいいかも(3分ぐらい?)。

これなら名古屋を出発してからアイスを買っても、スプーンが入るようになる米原まで待たなくても食べられます。

|

« 週末の東海道新幹線はかなりの混雑 | トップページ | 東大キャンパス内にあるイタリアンでランチ 『ape cucina naturale』@東京・東大駒場リサーチキャンパス »

スイーツ」カテゴリの記事

乗り物@新幹線*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週末の東海道新幹線はかなりの混雑 | トップページ | 東大キャンパス内にあるイタリアンでランチ 『ape cucina naturale』@東京・東大駒場リサーチキャンパス »